共働きサラリーマンの子育てブログ

子育てしながら経験したこと・学んだことを残しておくブログ

夏の思い出2019 -天然鮎とプールとアスレチック-

鮎の絵
こんにちは!
2児の父、ふみょです。

今回は夏の思い出を残しておこうと思いまして書いておきます。

まずはママの実家

下の子がまだオムツ取れていないので、大勢の方が入るプールは控えているのですが、私の実家とママの実家ではビニールプールを購入してもらって兄弟で入ることができました!

ママの実家のプールは4000円もする大きなビニールプールです。
兄弟がプールで遊んでいる写真

西松屋で買ってきたプール用のおもちゃがこの1回で壊れかけるほど遊んでくれました。

パパとママはもちろんのこと、義父母も水をかけられてびしょぬれになりましたとさ。

その後は義父がこの悪ガキ兄弟のために手打ちうどんを山のように作ってくださりました!

義父がうどんを作っているときに、うどんを踏む手伝いをしてみたり、うどんを切る邪魔をしてみたり、楽しく遊んでいた様子です。

義父は栃木県の氏家出身で、「氏家うどん」といえば地元ではそこそこ有名なのですが、のど越しのつるっとしたコシのないうどんなんです。

しかし、義父としては「コシのないうどんはおいしくない」との考えから、ぷりっぷりのコシのあるうどんを打ってくれます!

塩と水の加減を熟練の感覚により調整してこのコシをだしているそうです!

下手をすれば○亀製麺のうどんよりもぷりっぷりのコシのあるうどんを日本昔話のごはんのような山盛りで作ってくださり、それを平気で平らげる息子たちにびっくりです。

また、ママの実家では、自家用消費分だけ完全無農薬で野菜を作っているのですが、野菜の味が濃い!

野菜って本来こんなに味がするんだってくらい旨い野菜です。

特にトマトは瑞々しいのに濃厚な旨みと甘みがあって、びっくりです!

そして夜に花火をして帰りました!長男にとっては人生初花火だったのですが、いろいろ心配しすぎて写真を取れず…

次回はちゃんと写真に収めようと思います!


次はパパの実家

ビニールプールの兄弟の写真
こちらのプールはママの実家よりも2周りほど小さいプールでしたが、芝生の庭を走り回ってみたりしてとてもはしゃいでいました。

そして、子供たち待望の天然鮎の塩焼き!
鮎を炭火焼している写真

うちの実家はいつも親戚から天然鮎を山のようにいただくので、毎年何とかして消費している状況です。
しかし、ネットで検索してみると天然鮎はサイズにもよりますが1尾500円~となっています。


親戚に感謝ですね!

ちなみに子供たちには小骨と皮を取り除いて食べさせました!長男は合計で3尾、次男は2尾をぺろり!
鮎の塩焼きの写真

しかし、塩焼きで食べる分には皮が柔らかいので養殖鮎の方がおいしいような気がする…

養殖:皮が柔らかい、総じてデカイ⇒塩焼き向き
天然:身がしまっている、香りが強い⇒鮎飯向き

って感じなのでしょうか。

ちなみに鮎って川底のコケを食べているので、頭から尻尾の先まですべて食べられます。

食べなれている人は串から外して頭からがぶりと食べます。
品の良い香りと内臓の苦味がよいアクセントになって、ビールが進む進む

地元民のおっちゃん曰く、特に那珂川にいる鮎は川底の流れが川面の流れに比べて早いために、身がしまっていてホクホクになるそうです。
…ホントか!?


最後はなかがわ水遊園のアスレチック

以前の記事でもご紹介しましたが、無料で水遊びとアスレチックとが楽しめるなかがわ水遊園に行ってきました!
www.kosodatediary.com



なかがわ水遊園の景色の写真
見づらいかもしれませんが、奥の水色の部分が無料の水遊び場です。
右端には人工の川が流れていて、子供たちが遊んでいます。

なかがわ水遊園のアスレチックの写真なかがわ水遊園のアスレチックの写真なかがわ水遊園の人工の川の写真なかがわ水遊園のアスレチックの写真

次男は人生初のアスレチックに挑戦!
あえなく敗退!

長男は人生初のターザンに挑戦!
最後までつかまるも、行き止まりにぶつかって振り落とされました!
泣かなかった、えらい!



そんなわけで、人生初挑戦の多い夏となりました!